OAMインプラント

OAMインプラントとは?

OAMインプラントは、別名「骨拡大式」と呼ばれているインプラント法です。これまでインプラント治療を受けられなかった骨密度の低い人にも、適用できるのが特徴。通常のインプラント治療は、歯茎の下にある顎の骨をドリルで削り、インプラントを埋め込むための穴を開けます。ドリルを使用するぶん1回の施術時間は短いものの、余分に骨を削ってしまう、神経を傷つける可能性があるのが難点。「リスクを防ぐために」と、骨がしっかりした人しか受けられない治療でした。

しかし、OAMインプラントがその常識を覆したのです。ドリルを使用するのは、インプラントを埋め込む場所を決めるときだけ。削るのではなく“目印をつける”という感じです。数ミリのドリルなので、痛みや身体への負担はごくわずか。ドリルの痕を目印に、糸のように細い針を使用して手作業で少しずつ慎重に穴を広げていきます。削る骨の量を最小限に抑えられるため、「骨密度の低い人にも適用できるインプラント治療」として話題を集めているのです。

OAMインプラントのメリット・デメリット

メリット

身体への負担やリスクの少なさがOAMインプラントのメリットです。極細の針を使用して削るので、施術中の出血はほとんどなし。手作業で慎重に行なわれるため、神経や血管を傷つけることもありません。骨密度が極端に低い骨粗しょう症患者でも受けられます。削る骨の量は必要最低限で済むため、治癒する早さも特徴です。治療後、インプラントと骨がすぐに馴染む点も◎。安全性を1番に考えたインプラント治療を受けたい人におすすめです。

デメリット

デメリットは1回の施術時間が長いこと。繊細な治療なので、ドリルを使用するインプラント治療に比べると時間がかかります。ただし、骨や血管を傷つけないぶん治癒が早く、治療にかかる総合的な日数は少ないですよ。高い技術と専門的な知識、施術の経験が必要な治療なので、導入しているクリニック自体がまだ少ないのは残念なポイントです。

OAMインプラントを受ける条件とは?

とても硬い骨(骨密度の数値がD1)の場合、針では削りきれないため、OAMインプラントは適用されません。骨密度の数値さえクリアしていれば、問題なく受けられるでしょう。治療を受けるための条件はこれくらいですが、OAMインプラントを手掛けられる医師自体が少ないので、前もって治療を導入しているクリニックかどうか調べておく必要があります。

OAMインプラントを受けられる都内のクリニック

  • クリニック名:タキザワ歯科クリニック
    住所:東京都江東区大島3-3-3サミービル1F
  • クリニック名:池田歯科クリニック
    住所:東京都江東区大島1-30-5
  • クリニック名:アリオ北砂歯科クリニック
    住所:東京都江東区北砂2-17-1アリオ北砂3F

格安!痛くない!インプラント治療で
おすすめのクリニック3選【東京】

  • Ranking 2位

    キャナルコート歯科
    クリニック

    キャナルコート歯科クリニック
    価格 20万円~
    無痛
    治療
    2段階の麻酔
    公式サイトへ
  • Ranking 1位

    タキザワ歯科
    クリニック

    タキザワ歯科クリニック
    価格 19万円~
    無痛
    治療
    フラップレス&
    ドリル不使用
    公式サイトへ
  • Ranking 3位

    おおにしデンタル
    クリニック

    おおにしデンタルクリニック
    価格 21万6000円~
    無痛
    治療
    CGF再生療法
    公式サイトへ
費用を比較 江東区のインプラント治療でおすすめのクリニックランキング