OAMインプラント

OAMインプラントとは?

OAMインプラントは、別名「骨拡大式」と呼ばれているインプラント法です。Ohguchi(人名)Agmetation(増生)Method(方法)の頭文字からとった略語で、正式名称は「大口式オーギュメントメソッド」といいます。

これまでインプラント治療を受けられなかった骨密度の低い人にも、適用できるのが特徴。通常のインプラント治療は、歯茎の下にある顎の骨をドリルで削り、インプラントを埋め込むための穴を開けます。ドリルを使用するぶん1回の施術時間は短いものの、余分に骨を削ってしまう、神経を傷つける可能性があるのが難点。「リスクを防ぐために」と、骨がしっかりした人しか受けられない治療でした。

しかし、OAMインプラントがその常識を覆したのです。ドリルを使用するのは、インプラントを埋め込む場所を決めるときだけ。削るのではなく“目印をつける”という感じです。数ミリのドリルなので、痛みや身体への負担はごくわずか。ドリルの痕を目印に、糸のように細い針を使用して手作業で少しずつ慎重に骨を内から外に向けて少しずつ圧力をかけながら穴を広げていきます。削る骨の量を最小限に抑えられるため、「骨密度の低い人にも適用できるインプラント治療」として話題を集めているのです。

OAMインプラントのメリット・デメリット

メリット

安全性

身体への負担やリスクの少なさがOAMインプラントのメリットです。極細の針を使用して削るので、施術中の出血はほとんどなし。手作業で慎重に行なわれるため、神経や血管を傷つけることもありません。通常のドリルを使用する場合は、大きな手術になるため、失敗のリスクもあります。その中には、顎の骨に亀裂が入る、骨の中の神経や血管を傷つけてしまうといった深刻な医療事故のケースもあります。さらに患者の負担も大きく、安全性・衛生面に問題が発生し、炎症や障害が起きる可能性もなくはありません。

しかしOAMインプラントの場合は、ドリルで骨を削ったり、骨の移植をしたりといった大きな手術は必要ありません。針で小さな穴をあけて、圧力をかけながら少しずつ骨を広げていき、インプラントを埋入するといった比較的シンプルな方法です。複雑なテクニックを必要としないため、手術の失敗というリスクが極めて低いです。さらに、ドリルを使用しないため痛みや出血、発熱などの刺激は少なく、炎症や障害は起こりにくいことが特徴です。そのため、安全性を1番に考えたインプラント治療を受けたい人におすすめです。

誰でも施術可能

通常のインプラント手術は、骨をドリルで削るため、十分な骨密度がないと受けられません。さらに、インプラントに必要な骨幅や骨高が確保されるということも適用条件です。もともとインプラントは西洋発であるため、西洋人と比べて顎骨の骨量が少ない日本人にうまく適合しない場合も多くあります。

しかし、OAMインプラントの場合は、骨を削るのではなく、骨を拡げるといった手法のため骨の量が少なくても、適用可能ということが特徴です。例えば、骨密度が極端に低い骨粗しょう症患者でも受けられます。また、前述のとおり大口先生という日本人歯科医師が考案した方法であるため、日本人に合った術式です。

さらに、OAMインプラントは、骨が丈夫になるといった特徴があります。内側から圧力をかけ、骨を拡げるため、骨密度が上がります。そのため、ますます従来のインプラント手術が受けられない骨密度が低い人におすすめの手法になります。

治癒するスピードが早い

削る骨の量は必要最低限で済むため、治癒する早さも特徴です。通常のインプラント治療だと、1年~2年かけて治療していくことになり、治療する期間がかかります。骨を削った際に弱くなってしまった部分を治癒したり、また骨再生の治療が必要になったりするため治療期間はどうしても長期化します。

OAMインプラントの場合は大きな手術をしないため、定着も早く数日で食べ物を食べられるようになります。また大きな手術ではないため、通常のインプラント治療のように大量の麻酔を使用する必要もありません。治療後、インプラントと骨がすぐに馴染む点も◎。通常のインプラントは、骨が柔らかいとインプラントが安定しない場合がありますが、OAMインプラントの場合は、骨を内側から拡げる手法のため、インプラント周辺の骨密度が高くなり、インプラントが安定しやすくなります。また、治療する期間が短いため、通常のインプラント手術と比べて身体的な負担も極めて低いです。

合計費用が安い

OAMインプラントは、最新の技術を使用しており、また導入している院も比較的少ないといったこともあり、治療そのものの費用でみると通常のインプラントよりも高くなってしまいます。しかし、通常のインプラントと比べて、治療期間が短く、また炎症も起こりにくいためアフターケアも含めた全体の合計金額で比較すると、OAMインプラントのほうが安く済みます。

手術中の音が気にならない

歯医者さんで、歯を削るときの音が怖いという方は多いと思います。通常のインプラント治療の場合は、ドリルで骨を削るため、その時に大きな音はありますし、また振動も感じます。人によっては、怖い、不快だという方もいるでしょう。しかし、OAMインプラントの場合は、骨を削らず、穴を少しずつ拡げるという術式のため手術中大きな音や振動が気になることがなく、快適な状態で施術を受けることができるため、怖がりの方も安心です。

デメリット

1回の施術時間が長い

デメリットは1回の施術時間が長いこと。繊細な治療なので、ドリルを使用するインプラント治療に比べると時間がかかります。ただし、骨や血管を傷つけないぶん治癒が早く、治療にかかる総合的な日数は少ないですよ。

導入しているクリニックが少ない

高い技術と専門的な知識、施術の経験が必要な治療なので、導入しているクリニック自体がまだ少ないのは残念なポイントです。とはいえ、通常のインプラントと比較するとまだまだ少ないものの、OAMインプラントは現在日本全国で1,100件以上の歯科医院で導入しているため、医院を探すのはそこまで苦労することはないと思います。

治療自体の費用が高い

メリットの欄で紹介した通り、アフタ―ケアの期間も含めた合計の費用は比較的安くすむ場合がほとんどですが、治療そのものの費用は通常のインプラントと比較して高くなってしまいます。初期投資がかかるといった面ではデメリットの一つといえるかもしれません。

骨密度が高い方には適さない場合がある

OAMインプラントは、骨密度が低い方でも受けられて、またほとんどの方に適用される方法ではありますが、骨密度が高すぎると逆にこの方法は適さない場合があります。骨密度が高すぎると、穴を開けて圧力をかけて拡げるといったことが難しいためです。

OAMインプラントを受ける条件とは?

とても硬い骨(骨密度の数値がD1)の場合、針では削りきれないため、OAMインプラントは適用されません。骨密度の数値さえクリアしていれば、問題なく受けられるでしょう。治療を受けるための条件はこれくらいですが、OAMインプラントを手掛けられる医師自体が少ないので、前もって治療を導入しているクリニックかどうか調べておく必要があります。

OAMインプラントを受けられる都内のクリニック

タキザワ歯科クリニック

  • 住所:東京都江東区大島3-3-3サミービル1F
  • OAMインプラント価格:HPに記載なし

名医情報

院長の滝澤先生は、インプラント学会で権威のある国際口腔インプラント学会の指導医でもあるインプラントのスペシャリストです。高い技術を持つ信頼できる先生です。

池田歯科クリニック

  • 住所:東京都江東区大島1-30-5
  • OAMインプラント価格:10,000円~

名医情報

理事長の池田理事長は、最新の技術を治療に取り入れるため、国内外の研修や講習会に積極的に参加している熱心な先生です。患者に現状と、治療方針を丁寧に説明する、患者に寄り添った姿勢を持っています。

アリオ北砂歯科クリニック

  • 住所:東京都江東区北砂2-17-1アリオ北砂3F
  • OAMインプラント価格:10,000円~

名医情報

アリオ北砂歯科クリニックは、上で紹介した池田歯科クリニックの分院であり、理事長は池田歯科クリニック同様、池田先生です。熱心な先生で、かつ患者に寄り添った治療を心掛けています。

格安!痛くない!インプラント治療で
おすすめのクリニック3選【東京】

  • Ranking 2位

    キャナルコート歯科
    クリニック

    キャナルコート歯科クリニック
    価格 36万円~
    無痛
    治療
    2段階の麻酔
    公式サイトへ
  • Ranking 1位

    タキザワ歯科
    クリニック

    タキザワ歯科クリニック
    価格 25万円~
    無痛
    治療
    フラップレス&
    ドリル不使用
    公式サイトへ
  • Ranking 3位

    おおにしデンタル
    クリニック

    おおにしデンタルクリニック
    価格 36万円~
    無痛
    治療
    CGF再生療法
    公式サイトへ
費用を比較 江東区のインプラント治療でおすすめのクリニックランキング