ロケーターインプラント

ロケーターインプラントとは?

ロケーターインプラントとは簡単に説明すると、入れ歯そのものとインプラントを利用して歯茎に固定するという治療方法のひとつです。この入れ歯をインプラントで固定するスタイルをインプラントオーバーデンチャーといいます。 日本語にすると、インプラントの上をおおう入れ歯と考えるとわかりやすいでしょうか。

ロケーターインプラントはロケーターと言う名前の留め具を使用するのでロケーターインプラントと呼ばれています。 現在使っている入れ歯を利用することもできて、新しく作り直す必要もありませんし、必要となるのは2本のインプラントのみなので(ひとつの顎に対して2本)通常のインプラントよりも値段は安く、身体への負担も軽くなります。 また、入れ歯に比べると、インプラントとロケーターによってしっかりと固定されるので安定してものを噛むこともできて、食事もしやすくなることでしょう。また、部分入れ歯でも総入れ歯でもロケーターインプラントにすることができます。部分入れ歯の場合は金具なども必要なくなり、歯茎と入れ歯の上下で固定するので見た目も良くなります。

ロケーターインプラントの治療方法は、2本のインプラントに、ロケーターというものを付けます。そして、入れ歯のほうにはロケーターと対になるものを埋めます。この2つが強い力でくっつくので、入れ歯と歯茎が固定されるようになります。たったこれだけで、通常の入れ歯よりも違和感がぐっと少なくなり、ずれることも減るので安定しやすくなります。しかも、通常の入れ歯と同じように取り外して洗うこともできるので、口の中を清潔に保ちやすいものです。その他にも、入れ歯をしていると食事中に痛みを感じることや、噛む力が弱いと言うようなことや、部分入れ歯の場合は金具を使うことで他の歯に強い力がかかってしまうというようなことも考えられますが、ロケーターインプラントの場合はそのような心配がありません。 通常の入れ歯の良さを残したまま、デメリットを改善できていると言えるでしょう。

同じような治療方法で、オールオン4という方法もありますが、この方法はインプラントがひとつの顎に対して4本ずつ(人によっては5,6本)必要なので負担もかかりますし、全ての歯がインプラントになるので、お金がかかってしまいます。手術が技術を要しますし、できるクリニックも限られてしまうというデメリットがあります。

ロケーターインプラントのメリット・デメリット

メリット

  • ロケーターインプラントは通常のインプラントと違い、埋め込みが少なくてすみます。埋め込むのには意外と負担がかかりますので、できるだけ少ない方が良いと言えます。
  • もしも、現在すでに入れ歯を持っているのであれば、その入れ歯を利用してロケーターインプラントを行う事ができます。その分、1から入れ歯をつくらなければならないオールオン4という方法よりも金額が安くなりますし、通常のインプラントなどと比べても、お財布に優しいでしょう。
  • 取り外せるので清潔に保てます。

デメリット

  • 通常のインプラントよりは、表面積が大きくなるのでものを噛む力が弱くなります。それでも、入れ歯と比較すると噛みやすくはなるでしょう。
  • 義歯を取り外したくないという方には、ロケーターインプラントはおすすめできません。(→通常のインプラントがおすすめです)
  • 上顎に取り付ける場合、入れ歯の重さによってはインプラントが抜け落ちてしまうことがある。(→4本ほどに増やす可能性あり)

入れ歯と比較した時のメリット・デメリット

メリット

  • 入れ歯をする場合は安定するために入れ歯安定剤などを使用しますが、ロケーターインプラントはしっかりと固定されており、強力な力でくっついているので、入れ歯よりも食事がしやすくなります。ちなみに、入れ歯安定剤は薬品を使用していると言うこともあるので、中には苦手と感じる人もいるようです。ロケーターインプラントなら、そのような心配も無くなります。
  • ロケーターインプラントは強力に固定されているので、入れ歯のように外れてしまうことがなく安定しています。
  • 部分入れ歯の場合は、隣の歯に金具を使用することによって、負担をかけてしまうこともありますが、インプラントの場合は埋め込みになるので、そのような負担はかかりません。

デメリット

  • インプラントを埋め込むので通常の入れ歯に比べると身体に負担がかかってしまいます。
  • 入れ歯を支える2本のインプラント体に大きな負担をかけてしまう。総入れ歯に比べればしっかりしていますが、複数のインプラントで固定する方法と比べるとズレたり抜けたりしやすいでしょう。

ロケーターインプラントを受ける条件とは?

取り外し可能でインプラント体への負担が大きいロケ―ターインプラントは、治療を受けたクリニックの医師による定期メンテナンスが必要です。セルフケアだけではどうしても充分ではないので、治療後も歯科医院で継続して診てもらうことが治療を受けるための必須条件。先に「メンテナンスを受け続けられるかどうか」を検討し、確信をもってから治療に臨むようにしましょう。

ロケーターインプラントを受けられる都内のクリニック

  • クリニック名:タキザワ歯科クリニック
    住所:東京都江東区大島3-3-3サミービル1F
  • クリニック名:キャナルコート歯科クリニック イオンショッピングセンター内クリニック
    住所:東京都江東区東雲1-9-10イオン東雲SC2F-205
  • クリニック名:キャナルコート歯科クリニック 東雲キャナルコート内
    住所:東京都江東区東雲1-9-22アパーツメンツ東雲キャナルコート1F

格安!痛くない!インプラント治療で
おすすめのクリニック3選【東京】

  • Ranking 2位

    キャナルコート歯科
    クリニック

    キャナルコート歯科クリニック
    価格 36万円~
    無痛
    治療
    2段階の麻酔
    公式サイトへ
  • Ranking 1位

    タキザワ歯科
    クリニック

    タキザワ歯科クリニック
    価格 25万円~
    無痛
    治療
    フラップレス&
    ドリル不使用
    公式サイトへ
  • Ranking 3位

    おおにしデンタル
    クリニック

    おおにしデンタルクリニック
    価格 36万円~
    無痛
    治療
    CGF再生療法
    公式サイトへ
費用を比較 江東区のインプラント治療でおすすめのクリニックランキング