フラップレスインプラント

フラップレスインプラントとは?

そもそもフラップとは、インプラントを埋め込むために歯肉にメスを入れること。メスを使用せずにインプラントを埋め込める方法、それが「フラップレスインプラント」です。一般的な治療では一度歯肉にメスを入れ、インプラントを埋め込み、縫い合わせます。麻酔を使用するとはいえ、聞いているだけで痛々しく、治療を受けるには勇気が要りますよね。

フラップレスインプラントは、専用の機械を使用して歯肉に小さな穴を開けます。インプラントを埋め込める最小限のサイズで穴を開けられるのがポイント。切開と縫合という2つの治療工程を省けるので、一般的なインプラント法に比べると施術時間も短くなります。菌が入りにくい治療法なので、術後に腫れたり炎症したりということも少ないです。インプラント治療後に、「いち早く綺麗な口元になりたい」と思っている人にピッタリですよ。

フラップレスインプラントのメリット・デメリット

メリット

身体へかかる負担の少なさが一番のメリットです。インプラントを埋める穴のサイズ、痛み、施術時間、すべてを最小限に抑えられます。クリニックにもよりますが、施術時間は1本あたりおよそ10分。歯肉を切り開くインプラントで懸念されている「感染症」の心配もほとんどありません。痛々しい外科手術がない分、精神的な負担も減らせることでしょう。

デメリット

医師の技術力により仕上がりに差が出る点が、フラップレスインプラントのデメリット。一見、治療工程が少ないので簡単な治療に思えますが、骨や歯肉の厚みによって予定通りにインプラントを埋め込むのが困難なケースも。もし、骨や歯肉の状況を適切に見極められない医師に依頼したなら、インプラント位置や方向はズレてしまい、神経を傷つける可能性があります。症例数の多い確かな腕をもつ医師に依頼するのがベストです。

フラップレスインプラントを受ける条件とは?

フラップレスインプラントを受けるには、厚い歯肉と丈夫な顎の骨が欠かせません。段階をふんで骨を削る一般的なインプラントと違い、1度開けた小さな穴から骨を削る難しい治療だからです。歯肉や骨の厚みが足りない人は、治療のリスクが高いため受けられない可能性大。フラップレスインプラントを行なっているクリニックのほとんどは、安全性を確認できるCTを完備しています。CTで先に骨の状態をチェックし、受けられるかどうか医師に相談すると良いでしょう。

フラップレスインプラントを受けられる都内のクリニック

  • クリニック名:タキザワ歯科クリニック
    住所:東京都江東区大島3-3-3 サミービル1F
  • クリニック名:ナオデンタルクリニック/東陽町インプラントセンター
    住所:東京都江東区東陽4-2-4 富士ビル2F
  • クリニック名:中澤歯科クリニック/住吉インプラントセンター
    住所:東京都江東区住吉2-25-2

格安!痛くない!インプラント治療で
おすすめのクリニック3選【東京】

  • Ranking 2位

    キャナルコート歯科
    クリニック

    キャナルコート歯科クリニック
    価格 20万円~
    無痛
    治療
    2段階の麻酔
    公式サイトへ
  • Ranking 1位

    タキザワ歯科
    クリニック

    タキザワ歯科クリニック
    価格 19万円~
    無痛
    治療
    フラップレス&
    ドリル不使用
    公式サイトへ
  • Ranking 3位

    おおにしデンタル
    クリニック

    おおにしデンタルクリニック
    価格 21万6000円~
    無痛
    治療
    CGF再生療法
    公式サイトへ
費用を比較 江東区のインプラント治療でおすすめのクリニックランキング